オフィスホワイトニング歯科医院内で治療します

オフィスホワイトニングの特徴

患者様満足度を高めるホワイトニング

オフィスホワイトニング

ホワイトニングの効果は、単に歯を白くすることだけに留まりません。白い歯を手に入れた患者さんはもっと健康になりたいという意識が高まります。一方、補綴や矯正治療を行う患者さんは、よりきれいにとの想いを持っており、ホワイトニングはそれに応えることができます。このようにホワイトニングは、そのほかの診療と相互関係を保ち、患者満足度をより高めることができます。

オフィスホワイトニング

患者様にやさしいオフィスホワイトニング材「ティオン オフィス」

オフィスホワイトニングはその日のうちにホワイトニング効果が求められるため、高い過酸化水素濃度のホワイトニング材を用いる必要がありますが、濃度が高くなればなるほど知覚過敏など有害事象発生のリスクも高まります。ティオン オフィスは新技術の応用により、比較的低い過酸化水素濃度での高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させた新しいオフィスホワイトニング材です。

透明感のある自然な白さ

ホワイトニングジェルのpH値は約6で、エナメル質に脱灰しにくく、自然な透明感のある白さが得られます。

オフィスホワイトニングの流れ

  • Step1
  • カウンセリング

お客様のお悩み、ご要望などを医師お伺いします。「お口の中で気になる点や、気になる体調の変化は?」などをお聞かせいただきます。カウンセリングする事で、どの様にするかを明確にし、患者様のご不安を解消いたします。
もちろんここで「今回はやめておく」とおっしゃっていただいても結構です。費用は一切頂きません。

  • Step2
  • 検査

カウンセリング後は、お口の中のチェックをいたします。ホワイトニングに影響するむし歯や歯周病がないかを歯科医師がチェック致します。必要に応じてレントゲン写真など取らせていただきます。(保険適応)この時、ホワイトニングに関係ない歯についても、お悩みがあればご相談ください。

  • Step3
  • クリーニング

歯の表面をクリーニングします。歯の深部までホワイトニングジェルが浸透していくように、ホワイトニング前にじっくり丁寧にクリーニングいたします。やわらかいブラシを使いますのでお痛みを感じる事はありません。

  • Step4
  • ホワイトニング

いよいよホワイトニングの開始です。当院ではホワイトニング中にお口をリラックスさせていられるように、器具を入れます。お口の大きさに合わせた器具をご用意しておりますので、お口が小さい方や長い間口を開けているのが苦手な方もご安心ください。歯肉にジェルが付かないように、歯肉をガードしてからホワイトニングジェルを浸透させていきます。

  • Step5
  • トリートメント

ホワイトニング後は、歯から若干の水分が失われることで知覚過敏が起こりやすくなります。フランシュールでは、最後にフッ素などで歯を艶やかにし、コーティングすることで知覚過敏が起こりにくく、白さが持続する歯に整えていきます。

ホームホワイトニングご自宅で治療します

ホームホワイトニングの特徴

患者様の満足度を高めるホワイトニング

ホームホワイトニング

ホワイトニングの効果は、単に歯を白くすることだけに留まりません。
白い歯を手に入れた患者さんは健康に対する意識が向上します。一方、補綴や矯正治療を行う患者さんは、よりきれいになりたいという想いが強くなり、ホワイトニングはそれに応えることができます。このようにホワイトニングは、そのほかの診療と相互関係を保ち、患者満足度をより高めることができます。

ホームホワイトニング

快適に使用できるホワイトニング材「ティオンホーム」

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは医師の指導のもと患者さん自身がご自宅などで行うため、高い安全性が求められます。比較的低濃度の過酸化尿素(10%)が含まれた材料を使用し、効果が現れるまで長期間継続する必要があります。ティオン ホームは、ジェルの性状やトレーの素材を工夫し快適にご使用いただけるホームホワイトニング材です。

確認しやすい白色ジェル

ホームホワイトニング

ジェルが不透明性の識別しやすい白色に着色されていますので、マウストレーからあふれ出た場合でもジェルを患者さん自身が確認しやすくなっています。またジェルが歯面に均一に広がっている様子も確認することができます。
ジェルが白色なので、均一に広がっていることを確認しやすくなっています。また、ジェルの量が多すぎて、トレーからあふれ出した場合も目視確認できるため、その場で拭き取ることが可能です。

ホワイトニング初期のホワイトバンドは、治療を継続することで目立たなくなります。

ホームホワイトニング

ホワイトニング開始直後の初期の段階には、退場の模様(ホワイトバンド)や白斑が生じる場合があります。しかしながらホームホワイトニングを継続して行うことで、ホワイトバンドや白斑は次第に目立たなくなります。

ホームホワイトニングの流れ

  • Step1
  • カウンセリング

お客様のお悩み、ご要望などを医師お伺いします。「お口の中で気になる点や、気になる体調の変化は?」などをお聞かせいただきます。カウンセリングする事で、どの様にするかを明確にし、患者様のご不安を解消いたします。
もちろんここで「今回はやめておく」とおっしゃっていただいても結構です。費用は一切頂きません。

  • Step2
  • 検査

カウンセリング後は、お口の中のチェックをいたします。ホワイトニングに影響するむし歯や歯周病がないかを歯科医師がチェック致します。必要に応じてレントゲン写真など取らせていただきます。(保険適応)この時、ホワイトニングに関係ない歯についても、お悩みがあればご相談ください。

  • Step3
  • クリーニング

歯の表面をクリーニングします。歯の深部までホワイトニングジェルが浸透していくように、ホワイトニング前にじっくり丁寧にクリーニングいたします。やわらかいブラシを使いますのでお痛みを感じる事はありません。

  • Step4
  • 歯型の採取・マウスピース作製

患者様の歯型をとり、専用のマウスピースを作製します。歯型を取ってから、1週間ほどでお渡しできます。

  • Step5
  • ホワイトニングジェルの注入

ここからはご自宅で、患者様が行います。 お渡ししたマウスピースにホワイトニングジェルを適量流し込みます。

  • Step6
  • マウスピース装着

ホワイトニングジェルを入れたマウスピースを口腔内に装着します。1日2時間程度が目安です。

  • Step7
  • アフターケア

ホームホワイトニングだけでも十分歯の白さは得られ、その効果はオフィスホワイトニングよりも長く持続します。
しかし、何もないでいれば、やはり後戻りします。効果を維持するためには、毎日のブラッシング、定期的なクリーニング(1~3か月に一度程度)、再度のホームホワイトニングを勧めします。

お問合わせ

TEL:078-914-8469